2005 08 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2005 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エノコログサ
- 2005/08/19(Fri) -
エノコログサ

科属名:イネ科 エノコログサ属
学 名:Setaria virides (L.) Ess. Agrost
英 名:Foxtail grass
別 名:ネコジャラシ
分 布:世界中の温帯から暖帯にかけて広く分布する

名前の由来は「犬コロ草」の意味があり 穂が仔犬の尾に似てるからとか
英名の「狐の尻尾草」も形状からでしょうね
他にアキノエノコログサ・コツブキンノエノコロ・ハマエノコロ等・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 野の花 | CM(11) | TB(1) | ▲ top
ツユクサ(露草)
- 2005/08/09(Tue) -
ツユクサ(露草)

科属名:ツユクサ科 ツユクサ属
学 名:Commelina communis 
別 名:帽子花 青花とも呼ばれ 古名で鴨頭草(つきくさ)
分 布:日本全土
花 期:6~9月

ツユクサは一つの個体の中に両性花と雄花を持って苞から2つの花が出てきたら 
上が雄花で下が両性花 その両性花でも6本の雄しべの内 
きれいな黄色の4本は花粉を出さない仮雄しべです(東北大学植物園より)

花から青い色水が取れ染料として使われるが
色が抜けやすいため 友禅の下絵用の染料とされているそうです
この記事のURL | 野の花 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
カサブランカ(オリエンタルハイブリッドリリー)
- 2005/08/09(Tue) -
カサブランカ(オリエンタルハイブリッドリリー)

科属名:ユリ科 ユリ属
学 名:Lilium cv. Casablanca
英 名:Casablanca lilium

わが国に分布している「ヤマユリ」「クサユリ」「カノコユリ」などを元に
オランダで改良された園芸品種の花です
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オニユリ(鬼百合)
- 2005/08/09(Tue) -
オニユリ(鬼百合)

科属名:ユリ科 ユリ属
学 名:Lilium lancifolium
別 名:テンガイユリ(天蓋百合)
分 布:北海道・本州・四国・九州(帰化植物)
花 期:7月~8月

コオニユリ(小鬼百合)と良く似てますが
葉の付け根にムカゴがつくのがオニユリです
鱗茎(球根)は百合根として食べられます
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白花のタカサゴユリ((細葉鉄砲百合)
- 2005/08/09(Tue) -
白花のタカサゴユリ((細葉鉄砲百合)

テッポウユリ(Lilium longiflorum Thunb.)とは近縁種で
花の形は鉄砲百合に似てますが葉が細いところが違います
タカサゴユリと自然交配した新テッポウユリ(Lilium × formolongi hort.)である
 別名:ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)シンテッポウユリ(新鉄砲ゆり)
 花期:8月
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タカサゴユリ(高砂百合)
- 2005/08/09(Tue) -
タカサゴユリ(高砂百合)

科名:百合科
別名:台湾百合

タカサゴユリは紫のストライプが入って 葉が細いのが特徴
台湾からの帰化植物で実生により良く繁殖する
 花期:8月

高砂百合は名前のとおり,台湾原産の帰化植物です
(タカサゴ:琉球語のサカサングに由来する台湾の別称)
 観賞用として大正時代に導入された
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハゼラン
- 2005/08/03(Wed) -
ハゼラン

科属名 スベリヒユ科 ハゼラン属
学 名 Talinum crassifolium
別 名 サンジソウ(三時草) サンジカ
原産地 熱帯アメリカ
花 期 6~9月

明治初期に栽培用に導入されたものが野化し
直径2~5mm位の花を咲かせる

別名サンジソウの名前のと呼ばれるように
午後3時から4時位になると咲き始め夜になると閉じる
この記事のURL | 野の花 | CM(4) | ▲ top
モントブレチア(Montbretia)
- 2005/08/03(Wed) -
モントブレチア(Montbretia)

科属名 アヤメ科 クロコスミア属
学 名 Crocosmia  crocosmiiflora 
別 名 クロコスミア ヒメヒオウギズイセン
原産国 南アフリカ

クロコスミア(Crocosmia)はギリシャ語で
「サフランの香」を意味する花です
乾燥させた花を湯に入れるとサフランの香りがします
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
チェリーセージ・ホットリップス
- 2005/08/03(Wed) -
サルビア・ミクロフィラ

科属名 シソ科 サルビア属
学 名 Salvia microphylla.
別 名 サルビア・ミクロフィラ チェリーセージ
原産国 アメリカ~メキシコ

チェリーセージの改良種
赤い花の基部あたりに白が入る愛らしい品種

気温により真ッ赤になったり真ッ白になったり
バイカラーに咲いたり…色々楽しめます。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
アリウム・クリストフィ(Allium christphii)
- 2005/08/03(Wed) -
アリウム・クリストフィ(Allium christphii)

科名 ユリ科
草丈 15~50cm
原産地 イラン やアジア西部(トルコ)

花色が紅紫色の星のような形の花をボール状に咲かす
私の見たアリウム・クリストフィ の花色は青紫だったが
咲く環境で若干の色違いがあるのか?それとも何色かあるのかも
打ち上げ花火のようなシャープなラインの星型が印象的な花です
イギリスでは良く見かける花だそうです
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
グロリオーサ
- 2005/08/03(Wed) -
グロリオーサ

科名 イヌサフラン科(ユリ科)
属名 グロリオーサ属
性状 半蔓性多年草(非耐寒性球根)
原産地 熱帯アフリカ西部
花期 6~8月

ロスチャイルディアナ
花は大輪で濃赤と黄の複色の強いコントラストが熱帯的な印象です
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
ミナヅキ(水無月) 
- 2005/08/03(Wed) -
ミナヅキ(水無月) 

科名 ユキノシタ科
属名 アジサイ属
花期 7月

ノリウツギの改良園芸品種
花が全部装飾花でノリウツギより咲くのが 一ヶ月程遅く
花房が重いので枝が弓なり咲いてます
この記事のURL | 花木 | CM(0) | ▲ top
コーラルニンフ
- 2005/08/03(Wed) -
コーラルニンフ

科属名 シソ科 サルビア属
学 名 サルビア・コッキネア・コーラルニンフ(Salvia coccinea ‘Coral Nymph’)
別 名  チェリーブロッサム(‘Cherry Blossom’)テキサスセージ
原産地  北アメリカから南アメリカ

赤色の「レディインレッド」とピンクと白の「コーラルニンフ」が広く知られている

段咲きとなり丈夫で作りやすく 2番花・3番花のころは
枝わかれして全体が大きくとても賑やかになる
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
ラベンダー・デンタータ
- 2005/08/03(Wed) -
ラベンダー・デンタータ

科属名 シソ科ラバンデュラ属
学 名 ラベンダー・デンタータ 'Lavandula dentata'
別 名 デンタータラベンダー  フリンジラベンダー
原産国 地中海西部沿岸のスペインなどに分布

フレンチ系ラベンダーは花穂の頂上部の苞葉が細長く
ひらひらとして目立つことが特徴です
葉は濃緑色で全体に白い毛に被われ 鋭い鋸歯があります
花は紫色で 全草や花にほのかな香りがあります
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
ヤブミョウガ(藪茗荷)
- 2005/08/03(Wed) -
ヤブミョウガ(藪茗荷)

科名 ツユクサ科
花期 7~8月
関東地方以西の本州・四国・九州の暖地に生育する多年草

ミョウガはショウガ科ですが
葉のがミョウガの葉に似てるのでヤブミョウガと
呼ばれるようになったようです

花は白く果実は青藍色に熟します
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
ケンタウレア・モンタナ
- 2005/08/03(Wed) -
ケンタウレア・モンタナ

科名 キク科 
属 ヤグルマギク属
花期 5~7月
分布 アルプス・ピレネー・アペニン

標高2100mまでの日当たりのよい草原で日陰になる林縁
時に岩場などにも見られるそうです
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
キンバイソウ
- 2005/08/03(Wed) -
キンバイソウ

科・属名 キンポウゲ科キンバイソウ属
花  期 7月~8月
原 産 地 本州中部の山地から亜高山帯の草地や林縁など
鮮やかなオレンジ色が印象的な花です
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
アトランチア・マヨール
- 2005/08/03(Wed) -
アトランチア・マヨール

科名 セリ科
花期 5月~8月
原 産 地 ヨーロッパ~西アジア
生育場所 半日陰の湿地

花色は他に赤系など何色かあるようです
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
ラムズイヤー
- 2005/08/03(Wed) -
ラムズイヤー


科属名 シソ科 カワミドリ属
和 名  ワタチョロギ
別 名  スタキス
原産地 トルコ~アジア南西部

ハーブの仲間ですが葉を乾燥させて
ポプリやドライフラワー等のクラフト用 食用には適さない

葉の感触が独特の滑らかさを持っていて
葉の形が仔羊の耳のようなのでラムズイヤーと呼ばれる
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。